発音の重要さを知りましょう

英語をまずどこから覚えるかを考えてみると、まずは文法から把握し、その次に単語を覚えて、その次に英語の発音を覚えるためのリスニングをするという流れが一般的だと思いますが、発音をしっかり把握しなければ難しいことだけ言わせてください。
文法を覚えることはいいことですが、その次に発音を覚えるように勉強をしたほうが効率的に英語の勉強を進めることができるようになります。
英語を覚える方法として受験に利用するために覚えるのか、今後の生活において英語を利用していかなければならないのかで変わってくると思いますが、実用的な英会話などで使っていくのであれば単語は後回しでも十分です。
そもそも日常生活程度の英語レベルであれば単語を煮詰めなくても覚えることはできるようになりますし、中学校の教科書を見直すだけである程度の英語レベルを確保することはできるようになります。
なればあとは英会話に慣れるためにどんどんリスニングや発音を徹底的に覚えることを考えたほうが成長スピードを上げることができるようになるんです。
それに英語は苦手な部分も多くありその大半が発音に影響をしている部分もあるので発音を真っ先にマスターをしなければ英語への理解はどんどん乏しくなってしまい後悔をしていくことになります。
このようなことにならないようにするためにも発音の重要さをまずは理解することが大切になるのです。
なぜならば発音ができなければ英語は聞き取ることはできないのですからこれはもはや致命的なレベルなのです。
これさえできるようになればなんとなくでも英語は理解することができるようになると思いますので、とにかく発音ができるようになることだけを考えるべきだと思います。
こちらに詳しく書いておいたのでよければ見ておいてください。
英語の発音を良くするためには?